通天閣

通天閣

通天閣社長というのがテレビに出ていらっしゃいました。

社長ってどういう事なんですか?

なんで通天閣に社長の存在があるのですか?

そもそも通天閣って何ですか???

いや、通天閣の存在は知っているのですよ。

ただ通天閣ってなんぞやを知らないのです。

調べる機会になったなとおもい、調べてみました。

テレビ等のように電波を放っているわけでもなく、公共的なお仕事というものはしていなかったのですね。

エッフェル塔や嘆きの壁、自由の女神のような「象徴」としてのお仕事なのだそうです。

これももちろん公共性は高いのですが、もっと精神的なお仕事。

通天閣は通天閣観光株式会社が運営しているもので、テレビで見た「通天閣の社長」はこの会社の社長なのですね。

いまある通天閣は二代目で、初代は明治46年にルナパークという遊園地とともに建設されたのだそうです通天閣がエッフェル塔と凱旋門を模したものであったならば、このルナパークと通天閣を結んだのはイタリアのセレッティータンファーニ社製の日本初の旅客用ロープウェイ。

かなりハイカラですよね。

その時に世界で爆発的に流行したアメリカのビリケンさんを設置したのだそうです。

吉本興業に買収された後、太平洋戦争中の昭和18年、火災による内部の強度不足を理由に軍への資材献納の形を取り、解体されました。

昭和28年頃から再建の話が持ち上がり、高度成長も手伝って昭和31年に観光名所となるべく再建され、今に至るようです。

途中、経営的にはかなりの危機も経験した模様ですし、入場者数20万人まで落ち込んでしまったそうです。が、大阪に対するシンパシーがお笑いのブームとともに国民の心のなかにも育ち、通天閣イコール大阪というものが全国的に定着しました。

そのおかげか90万人にまで回復したのだそうですよ。

これを通天閣の社長は「新世界に大阪らしい情緒を若い人が求めているのだろう」と分析なさっている様子。

そうかもしれないですね。

そうかも知れませんが、随分綺麗になったんでしょう、新世界が。

私の知ってる新世界は「地元の人間と一緒でなければ歩かないほうがいいぞ」と感じるようなところでした。

だってね、靴が片一歩無くなるんですよ!

私の靴、実際なくなったんだから!

その話はまた別の機会に。。。

これでようやく通天閣が何たるかがわかりました。

テーマパークのような楽しみ方をするで楽しむものなのですね。

了解です。

大阪新世界

大阪新世界で仕事をしたときの話です。

パチンコ屋での電気工事だったのですが、屋根裏に登らなければなりませんでした。

営業中でしたので店内から屋根裏に登ることを避け、外から入り込むこといしました。

私は丁稚に三脚を用意させ、三脚の下で靴を作業靴に履き替えました。

屋根裏というのはとにかく汚いのです。

その時にパトリックのマイアミを履いていましたから、その靴で屋根裏に登る勇気はありません。

だって汚れるじゃないですか!

ということで靴を履き替え、屋根裏に上って作業を終えたのですが、丁稚にはちゃんと靴を見ておけと言っていたのです。

なのに降りていくと靴が片一方しかない。

「あんたずっとここに居たのか!」と丁稚に言うと「居ました」と言い張る。

「じゃなんで片一方靴がないんよ!アンタが何かしたんか!」言葉も激しくなりますわ。

そこで丁稚は初めて私の靴が片一方ないということに気が付くわけです。

「あ!。。。」「あ!やないわ、あんた!ここ居て言ったのに、何しとったんかい!」

これがまた腹がたつんですよ「缶コーヒー買いに行ってました。。。」ですよ!

しかも「私の分は!」というと「ないです。。。」とね。

「おまえ経費袋返さんかい!」ってなりますわねぇ。

でまぁ、そいつは缶コーヒーのみならずたこ焼きまで勝手に経費袋から出して食べていましたからいいのですが、私はまだ昼ごはんを食べていなかったのです。

ちょっと商店街の喫茶店にでも入ろうと歩いていました。

するとですよ、ムシロをひいて色々売ってる人が居たのですよ。

まぁ素通りしますでしょ?

んで「ん?」と二度見ですよ、二度見。

私のマイアミが片一方、そのムシロの上にあるやないですかっ!

「アンタ盗ったんかいっ!」ムシロの番人のような小汚いおっさんに思わず怒鳴りました。

「人聞きの悪いこと言うたらアカン」そのおっさんはニヤニヤするんですわ。

「買わんのやったら、どっかにいね。」どっかいってしまえということですね。

値段としてはびみょ?な値段つけてるわけですよ。

2300円だったと思います。

それなら出さざる得ないという値段です。

ムシロを見ると、開封した後3本だけ入ってるタバコや、ショウケースの蓋だけとか、そういったものが陳列されています。

なんとなくヤバイ空気にもなってきましたし、新しいマイアミを買うよりはずっと安いので、仕方無しに買いました。

「はじめっからブツブツ言わんと買えばいいんや」という意味のことをそのおっさんは言いますから、ますますこっちは沸騰ですわ。

ほんと新世界は恐ろしかったなぁ。。。。

日本じゃないと思いましたよ、たくましすぎやろ!

異様な匂いに包まれてましたしね。。。

いまではチョットは違ってきたんでしょう。

近頃は行っていませんのでわかりません。