遠足の準備をする

遠足の準備をする

先日、子供の通う幼稚園でジャガイモ掘りの遠足がありました。ジャガイモ掘りといえば小さい子供が面白そうに土を掘り大きなジャガイモの弦を引っ張っている姿を想像します。私も子供の頃、サツマイモやジャガイモ掘りの遠足を楽しみにしていたので、うちの息子が同じようにそういったことを体験するのは感慨深い思いでいっぱいでした。この間まで赤ちゃんだったはずの息子が、もうこんなに大きくなったんだと成長をしみじみと感じたものです。

そんな息子が、明日遠足だということで意気揚々と持って行く道具の準備を始めました。幼稚園からは、長靴で登園し、軍手を持参してくださいとのことでした。

息子は今回初めて軍手の存在を知りました。私も事前に下調べをしておけばよかったのですが、前日の夜になって初めて準備を手伝ったため、軍手が必要だということにその時初めて気づいたのでした。

そもそも、軍手は子供用のものがあるのか、大人用の普通の軍手をもって行けば良いのかもさっぱりわかりませんでした。しかし、子供用の軍手なんて見たこともないし、あるのかもしれないけれど、大人の軍手で大丈夫だろうと私は思いました。

そして次に不安になったのが、我が家に軍手があるのかどうかということでした。引っ越してから一度も軍手を必要としなかった私です。よくよく考えてみると、引っ越し作業の時に段ボールを運んだりものを出したりするときに使った記憶がかすかにありました。また半年に一回の社宅の草むしりの時にも夫が使っていた記憶があったのです。

私は、スコップや花の肥料を入れているめったにかけない棚を開けて探してみました。すると予感は的中し、丸めてある使い終わった軍手がいくつか見つかりました。

急いでその中からきれいなものも取り出して、しっかりと息子のくみと名前を油性ペンで書いてあげました。心配そうに眺めていた息子ですが、試しに軍手をはめてみると言って恐る恐る手にはめました。私も心配になりましたが、意外にも子供の手にもきちっとフィットしてジャガイモの根を引っ張るのには全く問題がなさそうでした。

息子は大事そうに準備した軍手をカバンの中にしまいニコニコ顔で眠りにつきました。

ヒューマンリソシア

家庭菜園に挑戦!

先日友人夫婦が遊びに来た時に、家庭菜園で作った紫蘇となすびときゅうりをお土産に持ってきてくれました。

普段スーパーで野菜を購入している私にとってフレッシュな野菜は何よりも嬉しい!

きゅうりなんて特に切った瞬間に新鮮さが伝わってきます。

みずみずしくて、しっかりしてて美味しい!

「生きてる!」って感じがします。

こんな野菜を食べてたら健康になるだろうなーと思います。

紫蘇も買えば高いから、今日もスーパーで買おうかどうか迷って買わなかったんです。

だからいただいた瞬間ヤッター!と思いました。

紫蘇の天婦羅が食べたかったんですよね~。

そんな話をしていると、数日後に友人は紫蘇とバジルの苗を持ってきてくれました。

植えていれば勝手に育ってくれるからと持ってきてくれたのです。

今まではマンションに住んでいましたが、引越しをしてから庭付きの一軒家になったので、小さな庭ですがちょっと家庭菜園に挑戦してみようかなと言う気持ちになっていた所のプレゼントだったから、私も嬉しくて。

早速紫蘇の苗を二株と、バジルの苗を一株植えてみました!

現在すくすくと順調に育っています。

ネギとか紫蘇とか、薬味って結構毎日使えるものだし、あると食卓が色鮮やかになりますもんね!

でも、スーパーでお金を出して買うには勇気がいるものです。

ミニトマトとかもいいかもしれません!

調度今が時期なので、今年は乗り遅れましたが、来年は挑戦したいですね!!

苗を植えてから毎日観察してみると、雨にも負けず太陽の日差しにも負けずに育つ植物ってすごいなーって思わされます。

私なんてちょっとした事でシュンとなったりヘコタレたりしますが、植物は強い!!

それを見ていると私も元気をもらえます。

名もない雑草でさえも、抜いても抜いても生えてくる。

生きるってそういう事かもしれないなと思ったんです。

私もいつもどんな時も前向きに元気に伸び続けたいなと思わされました。

引っ越してからまだ時間が経ってなくてバタバタしていますが、落ち着いたら本格的に家庭菜園やってみようかな☆

家計の経費削減にもなるし!

楽しいし!

地球に優しい生活心がけたいですしね!

次はどんな野菜を育てようかな~。

次は種から挑戦してみたいです!